女性の骨盤と人生のサイクル

Meeting with Thomas Mayers, auther of “Anatomy Train” and my taiwanees sister Vicky, great PT, inspired me new passion and joy as bodyworker☆

「女性の骨盤と人生のサイクル」 なんと興味深い♡意味深いWSでしょう!

アリゾナの解剖実習の後、こんなにすぐにまたトーマスが来日し共に学べるなんて♡ そしてトムの女性と女性の身体に対する深い尊敬の思いが、講義のそこここに輝く宝石のように散りばめられていました🌟

日本でも女性性についての気づきのWSが多々ありますが、これは女性の身体と人生のサイクルを「骨盤」の変化によって考察し、ホリスティックなボディワーカーの立場から学ぶ実際的なものでした。

トーマスは言わずと知れた筋膜界のスーパースター🌟 これまでの長い筋解剖学の歴史を塗り替えた人。個々の筋肉の動きを重視する筋解剖学から「筋膜の連続体」としての筋解剖学を提唱して、世界のボディワーカーに衝撃を与えた人です!

これはまさに人体学の歴史に刻まれて、未来の子供たちはこれを当たり前のものとして学ぶのだな、、と考えると物凄く羨ましくなっちゃう、、ちょっとだけジェラシ〜 (❛□❛✿)

でもこうやって、今まさにその新しい世界を発見しながら歩くトムのその姿に触れながら、生の声や姿に触れられる醍醐味は格別です🌟

ボディワーカーの憧れの先駆者でありながら、始めは誰も気にしていなかった「筋膜」にいち早く注目して、歴史を変える筋膜の世界を歩き続けるトーマス。

先駆者だからこそぶちあたる壁や迷いについて話しながらも、決して諦めずに挑戦し続ける彼の姿に触れ続けることは、私にとってとても貴重でした🌟

私自身がマッサージセラピストとして「触れる」感覚をより深めるために、人体へ挑むその未知なる領域を歩んでいくための情熱とエネルギーをしっかりと受け取りました🌟

PT/ パーソナルトレーナー、ピラティスやヨガトレーナーの方が多く (それも超〜真剣に働いている方ばかりでワクワク♡ )骨盤を巡る話題は、とても具体性のある女性の身体が浮き彫りになりました。

みなさんと自己紹介してもセラピストの参加は私くらい。日本のセラピストにも「形の決まった手技」による抽象的なマッサージではなく、筋解剖学をきちんと理解して施術できる実践的なマッサージへの興味をもって欲しい〜という情熱が更に燃えてきました🌟

そしてそのうえでセラピストとしての優しい感覚を鍛えた本物の「触れる」技術や力が覚醒するはずです🌟

アリゾナで同じチームだったヴィッキーと再会してペアを組んで学ぶことで、彼女が台湾や中国でエリートとして働いて来た姿も浮かびあがりました。プロスポーツチームにも同行して働く彼女。例えば、プロ野球選手が肩を痛めずより速い球をなげるための投球フォームを指導したりしているので、ペアを組んでの何気ないエクササイズでも刺激的な交流がありました🌟

彼女は私から「直接に肌に触れて、筋肉を特定して触れて緊張を解放する職種だからこそ鍛えられる繊細で正確な触れる感覚、繊細な身体感覚とそれを描写できること」が私から学んだ事だと言ってくれました🌟

帝王切開では「お腹」を切りますが、実際には皮膚部、筋膜部、筋肉部、内臓部である子宮それぞれの違う層にメスを入れる事になり、層によって切る角度を変えることで筋肉や筋膜の機能を損なわないように、その微妙な位置の調整によっても出血の量を防ぎ回復を早める事ができるそうです。

ひとつの切り傷が女性の身体に与える影響と回復のためのプロセス。それぞれの種類のボディワークの領域でどんなサポートができるのか。目を丸くしてかぶりつき状態 ('◉⌓◉’)で講義を聞きノートを取り続けた私の姿を、私の生徒達にも見せたかった🌟

骨盤底の筋肉や靭帯の過緊張や過伸展で起きる問題やボディワークとしての対応策、これは妊娠・出産・産後の女性達だけでなく、すべての女性に関係することでした。

筋骨格系の問題と症状にど真ん中から答えてくれるトムの姿から、ボディワーカーが抽象的な概念で身体をみて施術するのではなく、論理性と具体性をもって取り組んでいくことの重要性を見せて貰いました。

そして、それだけではなく、彼は女性の身体と人生について、深く哲学的な思考や思いをもって教えてくれました。医学的な側面に加えて、深くヒューマニズムに溢れた講義は本当に得がたいものでした🌟素晴らしかった♡

この様子は近々KinetikosさんからDVDとして発売されるそうなので、みなさまお楽しみに🌟Rieko

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

©2017 BMS Therapy office

BMS Therapy 
BMS Massage Therapy School