A Powerful Wake-up Call !

January 13, 2017

 

A Powerful Wake-up Call !
アメリカ大統領選挙・・・私のスクールの授業が終わってiPhoneをみて、一瞬、驚き・憤り・悲しみ・諦めの気持ちが通り過ぎました。 私がNYに住んでいた時にブッシュ大統領が選ばれ突然の 9・11、イラク戦争、その4年後彼が再選された朝の、ブルックリンのカフェに座って言葉にできなかった気持ちは今でも覚えています。
しかし今回は違いました。私の心は一瞬だけとまって、すぐに深い呼吸が体をひらき心が静まりきったのです。壮大なグレーの沈黙。何の考えも浮かばなかった・・・今考える必要はない・・・そう思いました。今考えても、憤りが湧きあがってそこからの考えしか浮かんでこないから。怒りや悲しみからの反応になってしまうから。
今の私にできること・・・まず事実を受けとめること。しっかりと事実を見ること。起きたことは変えられない。そしてそれにはきっと意味があると。
その意味を最も深い静かな心で見つめられた時、そこから真に行動できた時こそ世界は変わる。そう思って静かな心で眠りにつきました。
赤い宇宙の蛇の日 (マヤ暦による)・・・
静かな心の状態でいると世界がよく見渡せますね。その翌日ちょうど私が感じていたことと共通する記事をみつけたので(Awahoshiありがとう♡) 英語圏の友人のために英語版をシェアしますね。
“古くなった灰のなかから新しいシステム(政治・経済・教育など)を生みだすためには、この世界の枠組みをシフトさせるために何が必要なのかを明らかにして、私たち自身が(自ら)その舵を握ることが大切。そして、もし私たちが怒りや強欲や批判を持ち続けたままの状態では、そこから新しい未来が生まれることは決してないだろう”
赤い宇宙の蛇の日に・・・
赤い宇宙の蛇のパワフルなエネルギーが地球の地軸(背骨)に入ってきて、
私たちの心のど真ん中にも流れ込んだ。
人間としての、力強い本能的な直感を目覚めさせるために、
その直感からの情熱の燃料に火をつけて、
この強烈な状況下から私たちを救いだすために。
でも間違わないでください・・・私たちはトランプ氏とその取り巻きがつくりだす世界から救われるのではなく、彼に対する私たちの心の反応 (怒り・批判・憤り・諦め) から自分自身を救いだすのだ、ということを。
私たちが自分の心の苦しみや無力感に囚われることから脱出すれば、力強い自分を発見できる。そして自分への真の問いかけが始まり、真実の答えをみつけて、つくりたい世界を自分たちで生みだすことができる。
そしてそれこそが「現実(世界)を変える」ということ。
世界がどのように動いても、私たちはいつでも自分の生き方をその瞬間瞬間に選ぶことができる。その力を本気で「腹の底から」実践して生きる時代が始まったのです・・・!
16年前のブッシュ戦の後には、強い疑惑・嫌悪感・怒りの意見が世界中に溢れました。そしてそれは、その後何年にも渡って私たちの心を蝕みました。
しかしながら、多くの人が私と同じようにそこから学んだのだと実感しました。今回は多くのアメリカの人々から、心深いメッセージがすぐに投稿されていました。
正直言って驚きました。出会う投稿がすべて、深い考察と力強い愛と決意に満ちたものばかりだったから☆ 具体的で実践的なものばかりだったから☆
こんなことが起きているのに、誰も怒りに囚われたり・迷ったり・諦めている人がいない世界・・・それを私はしっかりと目にしました。それが私が住んでいる世界なんだと実感したら、喜びで心が震えました。だからその道をより愛に溢れた気持ちで歩んでいきます。
ヒラリーがベストではないかもしれないけれど、トランプ氏よりは遥かに大統領という役職に適している。比較する方が無理。けれど、もし彼女が選ばれていたら、良識をもった多くの平均的な人たちは安堵して、結局は誰が選ばれたにしても、いつものように多くの不満を政府やシステムのせいにして、自分たち自身で責任を引き受けてアクションして、自らが新しいシステムと世界の仕組みを生みだそうとはしなかったでしょう。
これは日本でも、他の国でも同じこと。
だから今回の出来事は、私たち地球の住民全員への “Wake-up Call”☆
“あなたはどう在りたいのですか?" "人生に何を表現したいのですか?” "どんな社会をつくりたいのですか?" という問いかけと、
“目覚めなさい"
"その現実を(あなたが)つくりだすために行動しなさい”
というパワフルな朝の呼び声。だからちゃんと目覚めて・起きあがって・行動すればいい☆ 新しい自分として!
9・11とイラク戦争の時に “こんな事があっては、昨日までの自分のままではいられない!” と思いました。でもあの時には怒りと失望が大きすぎて、うまくバランスがとれなかった。
だからこそ、そこからの16年間、
ひとつひとつ手探りで
真摯に丁寧に自分の心に問いかけて、
心のど真ん中から答えをだして
正直に力強く行動して、
そして今日まで生きてきた。
今回は多くの人がそうやって、今、ここに居るんだと感じました。私たちはひとりではない! 顔も知らなくても、深く心が通じる人たちが世界中に溢れている!
多くの人がトランプ氏を選んだとしたら、それは彼が問題なのではなくて、彼を選んだ私たちの心の中に問題があるということ。つまり、私たちが心の真ん中にある深い愛と平和の感覚に十分には繋がっていないということ。
これは彼を選んだ人たちだけの問題ではなく、人類としての私たちの心のレベルの問題です。
宇宙から試されているのは、彼(トランプ氏)ではなくて、私たちだった!
だから地球の住民すべてが、心の真ん中の愛と平和に繋がって生きていけるように、自分にできる最高の方法や仕事で日々真摯に行動するということを、もっと本気で始めなきゃ・・なんですね!
まずは私自身が行動します☆
セラピストとしての私を卵から育ててくれたのはアメリカの人々・・・だからそこへ恩返しをしたい、育った私の姿を見せてあげたい。そしてまずは母国である日本の人々への恩返し。力いっぱいに働きま〜す

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

©2017 BMS Therapy office

BMS Therapy 
BMS Massage Therapy School