• HIroko Tanaka

「実力派セラピストになる!」体験会のお知らせ - 1

最終更新: 7月3日





『NEW ノーマル』と呼ばれるコロナ後の時代を、自分らしく生きていくために。今までの迷いは脱ぎ捨てて、今こそ、本来の自分の力を信じて羽ばたく時です。


状況が変わって仕事にも影響がでてきた不安の中で「自分はどう変わって良いかわからない〜」という方もいらっしゃるでしょう。そんな時には信頼できる仲間が必要です。そして、未来を見通して指導してくれる信頼できるリーダーも。「誰から学ぶのか」・・・それで未来の道が確実に変わって行くからです。






私は、ずっと、ずっと、日本のセラピー業界を深い心で見つめて来ました。

そして、セラピスト達が安心して学び成長できる場を提供したいと思い続けています。


みなさんが、セラピストという素晴らしい仕事を通して「沢山の方を支えたい。役に立ちたい」と思った時に、まずは大切なのは、自分自身がセラピストとして信頼される知識と技術を持つことです。

それさえあれば、誰でも、自信を持って仕事をして、クライアントからの評価を得て、自分の道を歩んでいくことができるからです。





5月から始まった「セラピスト」誌の大型新連載(カラー5ページ)を通して、リラクゼーションの分野でも最高の施術ができることをお伝えしています。そして、その結果をだしているのは・・・米国 NY州政府認定マッサージセラピストである私ではなく・・・私の生徒たち。つまり、日本で、日々、地道に一生懸命に頑張っているみなさんと同じ普通のセラピスト達なのです。




彼女/ 彼らは、それぞれの夢と悩みを持ちながらこのスクールに入学しました。そして、自分を信じ、自分の夢と情熱を信じて、このスクールで出会った仲間と励まし合いながら、地道に学びを続け、知識を深め、技術を磨き続けています。


そして、今、その生徒達は「セラピスト」という専門誌で、プロフェッショナルな立場から自分の施術を記事で紹介し、その読者の方々から驚きと憧れのメッセージを頂くことができる様にまで成長しているのです。




連載第1回 (ただ今好評発売中です)の記事の読者の方々からは、


「リラクゼーションだから、少し諦めていた。こんなに専門的な施術の仕方があるなんて知らなかった」

「施術プランが、今まで見たこともない、どの先生も教えてくれたことがない、本格的なものだった」

「一回の施術だけで主訴が改善されて、それ以外の具体的な効果もでるなんて驚きです!」

「ディープティシューとは、ただ強くて痛いマッサージだと思い込んでいた。撫でる優しいマッサージが癒しのマッサージだと思ってた。「優しくて深い圧」なんて、別次元すぎて驚きです」

「このお二人みたいな仕事ができるようになったら、充分なクライアントがついて自立できる気がします」

「今まで、私がやっていた『癒し』って一体何だったんだろう! 悔しくて涙がでました」

「こんなに論理的に現実的に組み立てるプランがあったんですね! ワクワクします。私もこういう風に仕事がしたい!」

「いつも少し自信がないまま仕事をしていたことに気づきました。このセラピストの方達みたいに、クライアントの症状をきちんと把握して、信頼され尊敬されて働けるようになりたい!」


・・・こんなメッセージを頂きました。





そして、これこそが、みなさんの未来の姿です。


なぜなら、こんなイメージの羽を広げたその時から、みなさんの現実が既に動きだしているからです。


行動するのは、今!



この変化の波に乗り遅れないように、変化の先に飛び出して安心して自分のキャリアをつくっていくために、まずは体験会へいらしてください。体験会は少人数生で、日程を増やして、環境を整えて行います。オンラインでのご参加のご希望も受け付けています。





【 体験会のお申し込み 】はコチラです。

https://forms.gle/wWW9JvfuHW9wb8FC8




0回の閲覧

©2017 BMS Therapy office

BMS Therapy 
BMS Massage Therapy School