March 18, 2020

アフリカをバックパックで旅していた20代の私。好きな仕事を選んだはずだけどもっと違う何かがあるはず・・そう思い始めた。

そしてもうひとつ。何だか「自分」というものが窮屈になって来た。

私の中にもっと何かがあるはず。なのにそれが見えない・・・その苛立ちと、このまま人生って終わっていくんだろうかという不安。

そしてそその頃は、日本では女性はもっと不自由な状態だった。「こうあるべき」というお手本からハズレると、何となく居心地が悪くなる感じ。今では信じられませんが〜 ^ - ^。

そのままいたら、ホントの自分なんて見つからないし、人生を生ききることもできない気がした。

それならいっそのこと
「思いっきりはみだしてやれ!」と思った。

思いきりはみだしたら、みんなに笑われたり・白い目で見られるかもしれない・・・けど、もう型にはめられることはなくなる。

ということで・・・震える手で会社に辞表を出して(ホントに震えてました ^ - ^)、30kgのバックパックを背負ってアフリカへ行きました。どこに行って何を見たいのかなんてまったく検討もつ...

March 16, 2020

唖然として口を開けっぱなしになっちゃった! この鳥さん凄い! 新型コロナウィルスで騒がしくしている私達にこう言われた気がしました。

 (写真クリックすると、FBの投稿動画にリンクしています♪)

Hung in there!

こんな強風の中で、悠々としている鳥さんに言われたら、そうしないわけにはいかないわ〜d( ̄  ̄)

この数日間の、TREのアドバンスコースでの勉強が終わり、ゆっくり過ごすためケープタウン植物園へ行きました。南アフリカの植物として有名なProtea/ プロテアが咲き誇り、テーブルマウンテンの麓の色鮮やかな植物たち。

どこが根っこなのか、まるでわからない大木に寝転んだりして。

南アフリカで最初のコロナウィルス感染者が見つかり、今日、保健省から国内の外国人にPCR検査の指令がおりました。日本は含まれていない可能性がありますが、アドバンスコースで一緒に学んでいた韓国や米国の友人達は、検査が必須の様です。

南アフリカには貧困層が多いため、もし感染者が増えたら、病院へ行けず薬も買えない方達がまず犠牲になります。それを防...

March 14, 2020

南アフリカにもコロナウィルスが上陸しました。

150人の参加者と、TRE(ストレス&トラウマ解放の脳神経学メソッド) の授業を受ける中で、ふと心によぎった言葉。

「Safty is not the absence of threat, it is the presence of connection」

- Dr. Gabor Mate -

安全とは、驚異(脅かすもの)がないから得られるというものではありません。安全は、繋がりがそこにあるから得られるものなのです。 - ガボール・マテ博士 -

ウィルスがないから安全なのか、、、確かにそれはそうですね。でも、私たちを脅かすものは、ウィルス以外でも必ず何か「常に」存在しています。

そんな人間生活の中で。人が不安を感じ、驚異を感じ、極端な恐れがあったとしても、私たちの心に「安全である」と感じさせるものがあるとしたら、

それは「繋がり」です。

まずは自分との繋がり。そして他者との繋がり。

この2つの繋がりがあれば、何があっても「安心した落ち着いた状態」でいることが可能になります。

自分との...

まだ人間が神社などをつくりだすよりも遥かに昔のこと。

古代の縄文の人々や世界の先住民族は、森羅万象すべてのものに神なる力を感じて暮らしていました。そして、大地、太陽、風、水などの地球の元素や、動物や植物、それらのすべての中に「いのちの神秘性」を感じて深い繋がりを感じながら生きていたのです。

野生動物は人間よりも遥かに自我が少なく、より大自然と繋がって生きる存在です。ですから、何かの瞬間に突然に彼らに出会うことはとても意味のあることとして捉られていました。それは現代の動物占いのようなものとは全く違います。ある瞬間に野生の動物に出会うというのは、互いのみえない響きあい (シンクロニシティー) が起きているということであり、とても神秘的な出来事だからです。

私もアフリカやアメリカの大自然の中に住んでいた時に、何度もそんな瞬間がありました。

ある瞬間、突然に、まずは「気配」を感じます。まったく姿は見えないのに、明らかに何ものかの存在を空気の中に感じるのです。そして野生の力がもっている大きなオーラのようなものをまとって、突然、...

あなたは「奇跡」をみたことがありますか?

「癒しの水」として世界中から人が集まるフランスのルルドの泉。

ベルナデットという貧しい少女の前に聖母マリアが現れて「ここの水を飲みなさい」と啓示がありました。その水によって多くの病気や怪我から回復した人々がいるのです。

私は、奇跡とは何なのか、どうやって起こるのか、

ずっと興味をもって研究しています。

とても気になる体験をしたのが、ロンドン在住のイアン。

プールで泳いでいたら、或る日突然、周りがセピア色に変わり、気づいたら病院のベッドに居ました。てんかん性の発作を起こしたのです。そして検査によって骨の腫瘍がみつかり、同時に脳腫瘍を併発していました。

そして手術で腫瘍をとって、ICUをでた頃から不思議な体験が始まりました。

彼が「宇宙との朝礼」と呼んでいる体験です。

朝の光で目が覚めて、ベッドに横になって部屋を見ていたら、

「何かが違う」と感じたのです。

言葉では言えない、何かが起きたように感じられました。

そして、いつも見ていた「壁」の存在が気になって、

壁に手で触れてみると、

そこに命を感じた...

私がライフワークとしている研究テーマは「ヒューマニティー (人間性) の進化」、そして、それをどうやって可能にできるのかを探求し提案しています。

私も含めて、人間という生き物は多くの矛盾を孕みながら生きている。だから、わざわざ戦争を起こしてしまったり、(国を破壊しないまでも) 心の中で誰かと戦争していたり、自分の利益のために自然を破壊してしまったり、自分とは違う誰かを差別したり嫌ったりして生きている。

こうやって考えると、人間やめたくなっちゃうんですけど(笑)、それでも私は人間として生きていかなくてはならない運命を背負って生まれて来た。そこに意味があるのなら、思いっきり「人間改革」する生き方をしよう・・・そう思ってセラピストになりました。

ですから、多くの縄文好きや研究者の方々がいらっしゃるその横で、私が目指すのは、縄文時代に自然や人々が平和で調和的な生き方をしたその感覚を今に蘇らせること。「知識」は研究者の方々にお任せして、私は「身体感覚」や「リアルな感情」を目覚めさせ育むことで、縄文人のような「人間性(ヒューマ...

人生には予想不可能なことばかり! でも、だからこそ、私たちは成長します。

そしてきっと縄文時代には予想できないことばかりだったと思うのです。大自然は恵みでもあり、命を奪う敵でもあり。天気予報なんて便利なものはなく、常に「五感を野生動物のように最大限に開放して」風の音や空気の湿度を観察しながら、日々の過ごし方を決めて暮らしていたのでしょう。食べ物を採集したり狩りに出たりするかどうかも「知識よりも直感」を頼りに、一瞬一瞬に集中して生きていたのではないでしょうか。そして、それって一体どんな感じだったんだろう?・・・と縄文の人に想いを馳せる私ですが、今朝ふと思い出したことがありました。

20代最後の年。アフリカ・タンザニアのキリマンジャロに登って、その中腹にある村を訪ねたことがありました。想像してみてください。私は30kgのバックパックを背負ってあてもなく数ヶ月アフリカを旅していました。ケニアからタンザニアへバスで国境を越えて、滞在した小さな村のユースホステルで見つけたヘミングウェイの「キリマンジャロの雪」を読んで、無性...

March 8, 2018

Meeting with Thomas Mayers, auther of “Anatomy Train” and my taiwanees sister Vicky, great PT, inspired me new passion and joy as bodyworker☆


「女性の骨盤と人生のサイクル」
なんと興味深い♡意味深いWSでしょう!

アリゾナの解剖実習の後、こんなにすぐにまたトーマスが来日し共に学べるなんて♡ そしてトムの女性と女性の身体に対する深い尊敬の思いが、講義のそこここに輝く宝石のように散りばめられていました🌟

日本でも女性性についての気づきのWSが多々ありますが、これは女性の身体と人生のサイクルを「骨盤」の変化によって考察し、ホリスティックなボディワーカーの立場から学ぶ実際的なものでした。

トーマスは言わずと知れた筋膜界のスーパースター🌟 これまでの長い筋解剖学の歴史を塗り替えた人。個々の筋肉の動きを重視する筋解剖学から「筋膜の連続体」としての筋解剖学を提唱して、世界のボディワーカ...

Please reload

Catagories

​掲載記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

©2017 BMS Therapy office

BMS Therapy 
BMS Massage Therapy School