Finished shooting my second DVD_やりきった高揚感_12

March 16, 2020

南アフリカかに来る直前に、

2本目のDVDの撮影が終わりましたぁ〜〜(^○^)///

 

 

 14時間殆ど休憩なく続けて、もの凄く集中してどうにか一日で撮り終える事ができました!

 

 

この写真見てください(^○^)/// ようやく終わってもの凄い達成感と高揚感でハイになり☆ その後バタン〜と力が抜けてしまった! 

 

 

 

どんなに準備しても、撮影には必ず予定外の事が起こります。それは1本目の撮影で学んだ事。

 

 

今回はなんと(*゚▽゚*)! 「セラピストのための英会話」

 

 

セラピストがメニュー説明をして・予約をとり・お客さまをお迎えし・体調などの把握をして・施術を行い・お帰りになるまでの英会話を、全体の構成・脚本・出演・演出まで担当しました。

 

 

これだけ並べると凄い印象だけど、つまりは「何でも屋さん」です。私。^ - ^☆

このオファーが来た時は「ナンデヤネン !(関西人じゃないのでちょっと外国人的発音でカタカナにしました〜 ^ - ^」と思ったんです。だって英会話のビデオなら英語の先生がするんじゃないの?!って。

 

 

私はNYの大学でマッサージセラピーを学んだとは言え、ネイティブの発音ができるわけではないから「こんなんでお手本になるのかな〜」と危惧もしました。

 

 

しかし! 先行して「セラピスト」紙に掲載する記事をつくったら、凄く面白かった〜♡(^∇^)♡ そうか!英語の先生は単に決まった会話をする。

 

 

けれど私なら、セラピストの現場で何が起こるのか・必要なのかをすべて体験してきた☆そして日本人のお客さまとはまた違う、外国人のお客さまの場合に起こるトラブルシューティングもできる。

 

 

サロンでのサービスについて、一般的な「顧客サービス」ではない「プロフェショナルなセラピストの対応」について教える事ができる。

 

 

それを日本ほセラピストの方々にお伝えする事ができるなら、それは素敵♡

それは面白い! やり甲斐がある!

 

 

・・・という事で、好奇心の方が勝って引き受けてしまいました( ^∀^)いつもの事ですが・・・笑♡

 

 

終わった後には、やりきった満足感♡ 一緒に出演してくれた私のマッサージスクールの生徒たち、BABジャパンの撮影スタッフのみなさま、心からありがとうございました☆

 

 

思い返しても、あの達成感があって日本を旅立ったことは、今、港アフリカで「体験すべき事」に集中できるための大切なステップでした。

 

 

One-at-a-time. ひとつずつ。確実に。

 

 

それが次のステップのための強固な基盤をつくります

オリンピックが予定通りあるかどうかは別にして、日本には確実に外国人のお客さまが増えて来ます。セラピストのみなさんにそのチャンスを掴んで欲しいと思います^ - ^☆

 

 

自分自身が力をつけていく事が「自立への道」であり、これから何が起きても、社会がどうなっていっても自分を信じて安心して生きていく事ができる。

このビデオがセラピストのみなさまの役に立つ事を、心から願っています〜。最高にHappyな気分で〜またね〜☆Rieko

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive