©2017 BMS Therapy office

BMS Therapy 
BMS Massage Therapy School

「食べること以外は何も考えられません!」って言ってるみたいな、この真剣な眼差しでお茶碗にかぶりついてるおかっぱ頭の女の子。福岡市 高取保育園では、子供たちが自分でお味噌をつくります。食べものの大切さを体感するためには、食べものを自らつくる。なんてシンプル!

子供が子供らしい時代・・・それは私達の祖父母の時代に失われて、もう現代には残ってはいないと思っている方も多いでしょう。でも、ここにありました。高取保育園では、なんと、子供たちが自分たちで毎月100グラムずつのお味噌を仕込むんです! この「味噌玉」をみてください。このお味噌と医食同源で玄米・味噌汁・旬のお野菜を食べる。お腹が膨れたらみんなでお昼寝、そして竹馬で遊びまくるその姿。嬉しくなっちゃいますね。

 私も子供の頃、祖母が毎年つくるお味噌つくりを (ちょっとだけ ^ - ^ ) 手伝っていました。〝お味噌が呼吸をするんだよ” と初めて聞いて、“そうなんだぁ〜 お味噌も生きているんだぁ〜 生きてるお味噌を食べたら私のお腹はどうなっちゃうんだろ〜” と、子供心に思...

Please reload

Catagories

​掲載記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload